すぴ研 手作りスピーカー研究室

DJ K-MU(ディージェー・ケム)氏

HDB-103Mが設置された、スタジオstudioKMUの様子

HDB-103Mが設置された、スタジオstudioKMUの様子(2009年7月)

プロフィール

札幌FMノースウェーブ主催DJバトル優勝、作曲コンテスト受賞を 経て、現在トラックメイカーとして多数の実績を持ち、島村楽器DJ 講師、DTMマガジン誌-新商品レビューの他、「SEQUEL TRACK MAKE CAMP!」の連載などライターとしても幅広く手掛けている。 最近では札幌出身HIPHOPアーティスト『韻牙ランド』の楽曲を プロデュース。カラオケDAM配信中。 (2008年8月現在)


(2009年7月)

HDB-103M × W4-930SG へ頂いたレビュー

とても綺麗でため息が出ますね〜。まるで高級家具のようです。(^^)

そして音は、、、、なんだこれはァァー!!www

思わずツィーターを探しました。それくらい
無理の無い気持ちのよい高音域です。
低音も自然な出音です。とてもフラットですね。
フルレンジの考え方が180度変わりました。
こんなにいい音が出るんですね。初めてです。
ここまでに達する追い込みで作り上げた飯島様の苦労が
音になって伝わりますね。じーん。

今までのフルレンジは箱から鳴っている感じで
正直、それがフルレンジの限界なんだろうと勝手に
思っていました。

私は楽曲提供などもしていますが、出先のスタジオでは
FOSTEXのNF-1Aやテンモニ、MSP7が定番で、マルチWAYが当然だと
信じ込んでいました。
点音源という部分で興味を抱き、今回購入させていただきましたが
本当に素晴らしいものを手にできました。一生の宝物です。

NF-1Aと同等かそれ以上に広いレンジで鳴りっぷりが良く、
音像が明確に捕らえられます。
本当に十数万円以上するSPだと思います。
僕のスタジオでは間違いなく1番のニアフィールドモニターとして
活躍します。

有難う御座いました。これからも素晴らしいものを作ってください。
心より応援しております。

後日頂いた追加レビュー

今日は他のモニターを使わずHDB-103Mのみで試しております。
うーん!改めてやっぱり凄いと思います。
400HZ〜4000HZのボーカル、楽器のエネルギーが
集中している部分に透明感があって濁りのない印象が凄くいいですね。
BASSや重いKICKを選ぶとき、低音域は一番見え難い部分でいつも
複数のSPで聴き比べて確認をしますが一発でチョイスできます。
悩むことが無くなる分、作業効率もいいです。
他のモニターはいらないと思います。本当です。

ただ、一般の方が観賞用として聴く場合はキレがよすぎるので
長時間聴くと疲れるかもしれませんが、濁りない素直な点音源を
聴くならこれだと思います。

僕は何でも聴きます。鑑賞目的でなく、どういうMIXで
こういう音になるのか分析目的が多いです。
今日、確認した楽曲は流行所でPERFUME(結構好き)、アジアンカンフー
山下達郎、フィルコリンズ、アールクルー、ジョージベンソン、
マイルスデイビス、HOUSE、TECHNO、HIPHOP、ジャンル問わず聴きました。

とにかく定位感の良さ素晴らしいです。
作者が意図しているイメージが掴めるところが利点ですね。
マルチでは難しいところです。
MIXの際、イコライジングも一発でおいしいところを探し出せます。
今まで聞き取れなかった帯域、歯擦音まではっきり聞えます。

後、セッティングはスピーカー同士の間隔を1メートル以上に離し、
リスニングポイントは、通常聴く位置より近めで聴いたほうが
低音域が良く聴き取れます。